ホスト(相談員)を探す

ホスト8件を表示

人と食の接点に命あり。その接点の話を話しましょう

食業プロデューサー/慶應SFC三田会会長

松田龍太郎

求人フードシェフ地方創生不動産プロデューサー新規事業レストランお酒

FoodniaJapan株式会社 代表//弘前BRICK株式会社 代表//慶應SFC三田会代表「人と食の接点を、より良くする」をコンセプトに食に関する店舗立ち上げ、企画づくり、メディア設計、学校運営を営んでおります。また母校慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの卒業生の会、慶應SFC三田会の代表を務めております。
10,000円(税込) / 60分

都市か地方かに関わらず自分らしく生きる暮らしと働き方の可能性話しましょう

農家

谷江美

農業移住経営遠距離

大学在学中に農業に興味を持ち、日本各地の農村やヨーロッパのファームステイを訪ねる。こうと決まると突き進むタイプ。6年間の遠距離恋愛を経て25才で結婚を機に北海道に移住し就農する。農場を舞台に有機JAS取得、高糖度トマトブランディング、6次化を実践し、2019年に株式会社イナゾーファームとして法人化。プライベートでは双子を含む4児の母。全国の農業女性を中心に組織するNPO法人田舎のヒロインズ副理事の顔もある。「都市と農村を繋ぐ」「次世代に農業を繋ぐ」ため公私共々一貫して全身全霊で前進全礼している。
8,000円(税込) / 60分

「食」で地域を元気にするプランの話しましょう

農業プロデューサー

宮治勇輔

農業地方創生ECスモールビジネスライフスタイル家業事業承継ブランディングセルフプロデュース

一度は東京の企業に就職したものの、実家の養豚業を何とかしたいという思いから、背広を脱ぎ、家業を継いで自分らしくビジネスモデルを転換した「農業プロデューサー」です。神奈川県の湘南で養豚業を経営しながら、農業支援のNPOを営んでいます。家業の養豚業を法人化し、家名を冠し「みやじ豚」とブランド化。リスクゼロで食肉が販売できるビジネスモデルを構築し、多いときは百数十店舗の飲食店と、松屋銀座のお肉屋さんにみやじ豚をおさめています。今はお休みしていますが、名物イベントの「みやじ豚バーベキュー」を15年間ほぼ毎月開催し、口コミだけで毎回100名ものお客様が遊びに来てくれるようになり、少しずつみやじ豚の認知度を高めてきました。「NPO法人 農家のこせがれネットワーク」では農業の魅力と可能性を伝えつつ、様々なプロジェクトに携わってきました。現在は、農業に限らずあらゆる家業を支援する「家業イノベーションラボ」というプロジェクトにも深く関わっています。実はNPOでは農業支援の傍ら、地方創生を志す地域の方向けのメンターを4年間引き受けていました。自分が本当に取り組みたいことは何か、そのためにどのようなはじめの一歩を踏み出せばいいのか、多くの方の相談に乗ってきました。そして僕自身は、農作業を一切することなくプロデュースに徹してきました。だから、皆さんの相談に乗れることも多いのです。農業周辺ビジネス、地域での新規プロジェクト、家業にまつわること、皆さんの悩み解決に向け、僕のリアルな経験やこれまで培ってきたノウハウを元にご相談に乗れればと思っています。アイディアに肉付けするためのブレストなども大歓迎です。共に日本の素晴らしさを次の世代につなげる取り組みをしていきましょう。
10,000円(税込) / 60分

年齢なんて背番号。チャレンジしたい人、話しましょう

地域での複業実践者

山口順平

新規事業神奈川湘南シニア農業転職SDGsコーチング

茅ヶ崎市在住。5年前は都内の会社と家の往復だけ。今は、人材サービス業にて新規事業開発&地域活動の複業を実践中キーワードは人生100年時代の志事、社会価値と経済価値の両立、シニア活躍、農業関係人口など
(2)
5,000円(税込) / 60分

課題解決や参謀役を仕事にしたい人、話しましょう

農家の右腕(経営相談、ハンズオン支援、セミナー講師)

佐川友彦

コンサルティング経営者の右腕経営改善農業出版

個人経営の農家で経営者の右腕として集中的な経営改善をした実績を基に、全国を巡りながら農家の経営体質改善と、経営改善ノウハウのオープン化を推進しています。
(1)
12,000円(税込) / 60分

「農」を生活の一部に取り入ようと考えている人話しましょう

デュアルファーマー(多拠点でお野菜を栽培)兼マルチワーカー

清岡賢

山梨県と埼玉県の二拠点でお野菜を栽培しているえがおファームのきよおかです。元モバイルアプリのシステムエンジニア。今は畑違いの畑仕事ををメインに、家庭菜園で困っている人のサポート役、農に関するよろず相談、市民大学の講座企画などを行っています。
12,000円(税込) / 90分

田舎暮らしや、地方での宿運営について話しましょう

田舎暮らし体験型宿施設運営

高柳沙月

新卒で大阪の生命保険会社の営業職に就く。時代の流れや都会暮らしに疑問を持ち、色んなご縁とタイミングで24歳の時に 和歌山県古座川町へ単身移住。暮らし体験施設やコミュニティ作りを目指し25歳の時に会社を立ち上げる。
5,000円(税込) / 60分

和歌山県への移住話しましょう

和歌山県 移住&キャリアアドバイザー

石渡祥子

和歌山県でキャリアコンサルタントをしています。 和歌山県への移住相談、県内企業への就職相談、地域活性化・農業振興のための活動などをしています。
無料 / 60分

PAGE TOP