生き方編集者
山中康司

人の生き方に、文章と写真を通して向き合っています。今の問いは「他者とともに生きるとは」。編集者でありキャリアコンサルタント。関心テーマは、ポートレート/家族/福祉/ナラティブ/ グリーンズ/Huuuu/Proff Magazine /

主な経歴

埼玉県深谷市出身。1988年生まれ。国家資格キャリアコンサルタント保有。立教大学文学部を卒業後、東京大学大学院情報学環学際情報学府に入学。地域メディアを研究するかたわら、web編集者として活動を始める。修士課程修了後、ITベンチャーに入社。NPO法人ETIC.を経て、「生き方編集者」として独立。

安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

予約する(日程相談)

※ 予約から相談までの流れ

相談内容

こんにちは! 生き方編集者の山中です。僕のおとなの親路相談室のページを見ていただいて、ありがとうございます。

僕は「編集」と「キャリアコンサルティング」というスキルをかけあわせて、「生き方編集者」という、おそらく世界で一人だけの肩書きで活動しています。 こんなふうに、それぞれは他の人も持っているようなスキルでも、掛け合わせることでどこにもない肩書きになるんですよね。

おとなの親路相談室では、そんな自分だけの肩書きを一緒に見つけていく時間をご一緒できたら嬉しいです。具体的には、みなさんの話をじっくり聞かせていただきながら、「こんな肩書きがいいのでは?」というものを、面談後に10個ほどお送りさせていただきます。

そのなかから肩書きを選ぶもよし、組み合わせるもよし、選ばないもよし。みなさんが、なにか自分自身にとってあたらしい気づきを得られる時間にできるよう、しっかりと向き合わせていただきます。

それ以外にも、「キャリアに悩んでいる」「キャリアコンサルタントに興味がある」など、なんでもご相談ください。 一緒に、人生の物語をつくっていきましょう。

相談日当日の流れ

最初の5分:アイスブレイクと流れの説明
中盤の45分:キャリアについてヒアリング
ラスト10分:こんな肩書きいいかも、というブレスト

特記事項

※時間は平日9:00-20:00の間で応相談
※おとなの親路相談室での肩書きを考える取り組み以外にも、個人向けインタビュー記事制作サービス「Life Stories.」という取り組みや、ポートレート撮影サービスも提供しています。興味を持っていただいた方は、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。
7,500円(税込) / 60分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
月曜日 09時00分〜20時00分 60分間
火曜日 09時00分〜20時00分 60分間
水曜日 09時00分〜20時00分 60分間
木曜日 09時00分〜20時00分 60分間
金曜日 09時00分〜20時00分 60分間
安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談前にココが聞きたい!(無料)
- 山中康司さんに事前質問 -

会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。

レビュー


匿名ユーザー(女性・43歳)

こちらにも問題があったのかも

1時間を有効に使うために、前もって自分の事を伝えてたつもりでしたが、こちらのイメージが曖昧すぎたのか、沈黙の時間が何度かあり、想定内の回答なのもうひとつすっきりしない結果。今後の参考に情報を頂いたのはよかったです。

2021年07月22日 14時07分

あなたにおすすめのホスト

「わたし」の多様性を表現する手段の選択について、一緒に話しましょう

人が咲く、場所をつくります

河野春菜

働き方生き方自分らしさ自由独立選択多様性キャリア転職

「自分の周りに目を向けてみると、自分の輪郭が見えてくる。」 進むべき道に迷っていた時、私は周りにいた"進みたい道"を追求する面白い人達に憧れて、会社員を辞め、"1人会社"という働き方を選びました。 あなたが自分らしい働き方と出会い、一歩踏み出すためのお手伝いをします。
5,000円(税込) / 60分

失敗について話しましょう

国づくり・起業支援活動家

松村拓也

起業チャレンジ失敗破綻やり直し継続やるべきことやめるべきこと

はじめは建築家を目指しましたが、父の創業した建設会社に入社して建築家の友人たちと競い合うのでなく助け合う道を選びました。ところが42才の時にこの会社が倒産し、そこから僕は独自の道を歩き始めました。
3,000円(税込) / 60分

ジェンダー問題、社会人大学院入学、海外就職について話しましょう

多様な働き方、学び方を考える

濵田真里

大学院海外就職働き方ジェンダー

20代は海外で働く日本人の取材を現地で行い、30代で大学院に入学。現在は会社や社団法人を運営しつつ、研究を続けています。
10,000円(税込) / 60分

PAGE TOP