退職学の研究家
佐野創太

「退職は大チャンスにも大ピンチにもなる」ことを身をもって知り、「セルフ終身雇用」を目指す退職の学問化を目指しています。

退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「最高の会社の辞め方」で、前職を副業(複業先)にしたり、つながりを独立後に使って自分らしく自由に働いているひとがいます。しかも育児や家族との時間、趣味を両立させながら。

そんな退職からはじまる「仕事・生活・趣味の何一つあきらめない働き方」を、「セルフ終身雇用」をキーワードに一緒につくりましょう。

主な経歴

「退職学™️」を提唱している研究家。
退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「最高の会社の辞め方」を研究、発信しています。

のべ1,000名以上の退職キャリア相談でいただいた声は
●前職を副業先にできて自信になった
●一流企業に転職しても拭えない不安が消えた
●自信を得られて結婚に踏み切れた
●育児と仕事を両立する勇気を持てた

などなど。

「退職成仏ノート」からはじまり「明日への手紙」で終わる「最高の会社の辞め方」、「退職学™️」にご興味がある方は、ぜひお話ししましょう。

【退職プロフィール】
日本初かつ唯一の「退職学™️」の研究家であり提唱者。のべ1,000名以上の退職キャリア相談と、自身の最低と最高の退職活動を通じて「最高の会社の辞め方」を体系化した。
相談者さんから「前職を副業先にできて自信になった」「一流企業に転職しても拭えない不安が消えた」「自信を得られて結婚に踏み切れた」「育児と仕事を両立する勇気を持てた」といった声が集まる。
イベントやAbema Prime(アベプラ)などの出演、メディアへの寄稿を含めると10,000名以上に「最高の会社の辞め方」を伝える。

【出演・登壇】
●日経ビジネス:鍵は「リモート副業」 コロナ禍で年収を240万円アップさせる方法

●読売新聞(2020年12月15日朝刊・デジタル)「複業」人材 行政事務円滑に

●Abema Prime(アベプラ):「個人でキャリアを作らなければいけないというメッセージ」 電通の“個人事業主化”にみる、人生100年時代の働き方

●パーソル プロセス&テクノロジー:企業向け副業活用勉強会【第5弾】~アルムナイによる新たな複業の形~

●プロリク:【エンジニア採用/HR】退職デザイン~採用/退職について考える

●株式会社ハッカズーク(アルムナビ):「守りのキャリア論として、退職を体系化したい」“最高の会社の辞め方”プロジェクトの立ち上げ背景を聞いてみた

●株式会社カイラボ: 退職学『最高の会社の辞め方』 × 早期離職対策 対談セミナー

●株式会社パソナ CHO協会
《第3回》企業間の“レンタル移籍”を活用した人材育成・事業開発・価値創造』
・対談者:(株)ローンディール 代表 原田 未来 氏
《第2回》退職者のアルムナイネットワークを活用する
・対談者:(株)ハッカズーク 代表取締役CEO アルムナイ研究所研究員 鈴木 仁志
《第1回》 複業(副業・兼業)の未来
・対談者:(株)Another works 代表取締役CEO 大林 尚朝 氏

安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談内容

仕事・育児・家事・趣味のどれもあきらめたくない。そんな方と一緒に「セルフ終身雇用」の働き方を考えられたらと考えています。

「セルフ終身雇用」とは、転職や副業を繰り返しながら、退職後も出会った企業やひとから「一緒に働こう」と声がかかり続ける働き方です。この「セルフ終身雇用」先を増やすことで、終身雇用なき今の時代でも安心した働き方を実現する考え方です。

そんな何も犠牲にせず、前職を取引先にし続ける働き方は、円満退職を超える「最高の会社の辞め方」からはじまります。ぜひあなただけの「希少性」と会社の「補完したい点」を見つけ、「何歳になっても声がかかり続ける人材」への一歩目を踏み出しましょう。


・・・強気にお伝えしましたが、私は学生時代から今まで、失敗の多い生き方をしています。(最近もなぁ・・・)

就活では一度落ちた会社に拾ってもらえて何とか社会人になれました。と思ったら1年で退職して次の会社は1ヶ月で辞めてしまいました。最低の退職ですね・・・。

何とか出戻りを許してもらえた会社も、家族の体調不良をきっかけに4年で退職しました。でも、いまも一緒に仕事をしています。ようやく「最高の会社の辞め方」ができたのです。このときに「自分の希少性と組織の補完したい点を見つけられれば、結婚しても育児がはじまっても、安心と時間の余裕をもって生きられる」とわかりました。

それ以来、Webメディアの編集長や採用広報の立ち上げ、自治体DXのプロジェクトマネージャーなどを任せていただける働き方になっています。1ヶ月で退職して無職になっていた期間とは大違いです。ひとは変われるようです。

もしこのメッセージを読んでくださる中で「仕事も生活も趣味も、何一つあきらめたくない」方がいらっしゃれば、何かお力になれるかもしれません。「何も犠牲にしない生き方」を「セルフ終身雇用」をキーワードに一緒につくりましょう。応援しています。

相談日当日の流れ

(1)最初の10分:お互いの自己紹介と相談したいことを共有しましょう。「セルフ終身雇用」や「最高の会社の辞め方」のメリットの説明もさせていただきます。

(2)中盤の30分:転職、独立しても「一緒に働こう」と言ってもらえるあなたの希少性を見つける時間です。「無意識にできていること」、「気がつけばひとからよく頼まれること」をヒントに一緒に探します。

(3)ラスト20分:「最高の会社の辞め方」をして、仕事・生活・趣味のどれもあきらめない生き方のためにできることを一緒に考えましょう。

特記事項

時期によって話したいことも変わることがあると思います。私のプロフィールを見て他に話したいことが見つかれば、そちらを優先いただいて構いません。何かお役に立てれば幸いです。
6,000円(税込) / 60分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
水曜日 19時30分〜22時00分 60分間
木曜日 19時30分〜22時00分 60分間
安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談前にココが聞きたい!
- 佐野創太さんに事前質問 -

会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。

レビュー


匿名ユーザー

具体アクションへと進める、大切な一歩になりました。

真摯に傾聴いただき、非常にお話しやすかったです。現職のモヤモヤを客観的な視点で整理していただき、転職したいという気持ちをポジティブな方向で捉え直すことができました。

また、退職学のノウハウについても、現職の状況や課題をふまえて具体的にアドバイスをいただいたので、転職までのステップを明確にイメージができたことも大きな収穫でした。勉強になっただけでなく、たくさんの励ましの言葉に勇気づけられ、大変感謝しております。本当にありがとうございました。

2021年05月25日 23時16分

あなたにおすすめのホスト

「自分にあった働き方」の選び方について話しましょう

複数社で人事や事業づくりなど、「境界線上で働く」フリーランス

松井健太郎

複業フリーランス働き方

フリーランスで、複数社で人事や事業づくりをしています。これまで「売り手」と「買い手」、「採用担当」と「エージェント」、「社員」と「外部の支援者」など、様々な立場で働きつつ、2017年から越境促進サービス「Tonashiba」を立ち上げ、運営しています。
6,000円(税込) / 60分

PAGE TOP