イップスを克服し、ものづくりをしている製靴家と話しましょう

日本の革靴をテーマにものづくりをする製靴家

野嶋孝介

ホストの紹介

20年以上専門でやっていた剣道から離れる決断をし、全く知らなかった革靴の業界に飛び込み7年弱で独立。テーマを絞り京都で「吉靴房」として日本文化に合う履物づくりをしております。

主な経歴

1998 東洋大法学部卒
   剣道で国体強化選手
   在学中ドメスティックブランドでの販売
1998 スポーツブランドで販売
1999 英語教育の営業社員
2000 ペットボトル飲料製造工場社員
2000 婦人靴製造販売卸会社に入社 製造企画・設計・ブランド立ち上げ業務を経験

2006年に独立京都に拠点を移し吉靴房(きっかぼう)を立ち上げ
2010年京都デザイン賞入選「御沓」
2011年京都デザイン賞入選「単皮」
15年連続代官山で春の個展開催。その他催事等出展。
カプコン・SOU・SOUなど大企業や個人作家、デザイナーとコラボ作品多数
大学や義務教育世代へ臨時講師としてものづくりや生き方について教壇に立つこともしばしば

独立個人事業主革製品革靴ものづくりイップス京都教室運営オーダーメイド

相談受入曜日・時間

月曜日 11時00分〜17時00分
火曜日 11時00分〜22時00分
水曜日 11時00分〜22時00分
木曜日 11時00分〜22時00分
金曜日 11時00分〜22時00分
土曜日 18時30分〜22時00分
日曜日 14時00分〜17時00分

■ 相談内容

生きるということ、自分の存在意義そのものに否定的な10代後半から20代前半を過ごしていました。
このまま他の生命をいたずらに奪い続ける人間となることに疑問を持ち、誰かに喜んでいただけるようなシンプルな仕事をしたいと決意。

自己分析をし革靴に世界に飛び込みました。

全く経験がなかったものづくりの世界。しかし小さいころから専門でやっていた剣道との共通点に気づきます。イップスの経験、自己分析と気づき、修正と小さな感動の繰り返しを自分の生き方と受け入れ、常に人となるべく戦わない方向性で判断をして現在のブランドとなりました。

得意だと思い込んでいたことの否定。無理だと思ったことの肯定。
全体を見通す視点の持ち方と、身体の感覚の武道とものづくりの共通性など、意外と関係なさそうな重要な観点を様々な角度から分析しお話させていただければと思います。

日常的に靴製作教室をしていて、いろいろな業界の方と話をしていますし、もちろん皮革業界の専門的な話や今後の見通しなども得意としています。
やりたいことを形にする決断へのきっかけを掴んでいただければ嬉しいです。

■ 相談日当日の流れ

前半 ゲストの考えや課題をヒアリング
中盤 ホストの経験談や身近なプロ達の話など
後半 ゲストの将来へ向けて具体的な提案

■ 相談前にココが聞きたい!(無料)

野嶋孝介さんに事前質問
会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。
3,500 / 60分

相談受入曜日・時間

月曜日 11時00分〜17時00分
火曜日 11時00分〜22時00分
水曜日 11時00分〜22時00分
木曜日 11時00分〜22時00分
金曜日 11時00分〜22時00分
土曜日 18時30分〜22時00分
日曜日 14時00分〜17時00分

■ 一緒に申し込まれているホスト


PAGE TOP