人生をかけて探求するテーマを、掘り下げる話しましょう

0から1を生み出す2児の母

小川香澄

ホストの紹介

「百聞は一見にしかず」をモットーに経験を重ね、人の縁が縁を呼び、2012年尾道に移り住む。現在は3歳と2歳の男児を育てる傍ら、必要とされるところに出向き、プロジェクトを遂行中。夫婦で分業、子育てと仕事のバランスを試行錯誤中。

主な経歴

1985年、茨城県生まれ。20歳の頃、タイ北部で日本語教師アシスタントを経験。帰国後、アパレルブランドの広告代理店、旅先で出会ったインド北西部の砂漠の街ジャイサルメールにある「Hotel Tokyo Palaece」の立ち上げに携わる。2012年、ディスカバーリンクせとうちに入社し、「ONOMICHI DENIM PROJECT」や「尾道自由大学」など、まちや人と接点を持ちながら様々なプロジェクトを運営。現在はフリーになり、「みらいのこども舎」や「GOつくる大学」の運営に関わる。

立ち上げ企画広報こども未来30代学び自由

相談受入曜日・時間

火曜日 09時00分〜20時00分
水曜日 09時00分〜20時00分

特記事項

※基本的に下記の時間帯が希望ですが、時間外に関してはご相談ください。
※事前にプロフィールや質問事項等をいただけると、より実のある時間にできると思います。
※アドバイスではなく、対話を通して問題解決を目指します。

■ 相談内容

私の人生は、一言で「運命に乗りつづける」。行き当たりばったりとも言えます。

転機の共通点は「心が震えるようなもの」「心から感動したもの」を伝えていきたいという思いと「人からチャンスをいただく」「今やっておかないと後悔する」というタイミングが重なり、動いてきた結果が今に繋がっています。

最近になって「すべてのタイミングは完璧」という事を知ることになるのですが、20代の頃、タイのチェンライで1年間、シンプルな暮らしの中で幸せそうに働く人たちの姿から感じた、「生きるために働く」ということ。インドのジャイサルメールでは、ホテルの立ち上げに携わる中で、人との出会いの大切さ。そして、そんな中、東日本大震災が起こり、日常が当たり前ではなく、とても1日1日がとても大切だと改めて気付いたこと。それら全てがいまの自分のベースになっています。

それからの人生は「働くことや生きることの価値を問い直したい。そして、今を生きる人たちと、本当に大切なものが何か考え続けたい。」という試行錯誤の連続。尾道でスタートした「ONOMICHI DENIM PROJECT」や「尾道自由大学」もその中で生まれてきました。

現在は2児の母で、こどもとの時間を優先できるようにフリーになって早4年。こどもを取り巻く教育分野に関心が芽生え、「原体験」「解放」「こどもの時間」をテーマに「みらいのこども舎」を島の仲間とスタートしました。

子育てと仕事、こども達と自分の未来という切っても切り離せないこれらを、自分にとってしっくりくるポイントを探りながら、生きています。

だれの人生にも、「その人だからこそできた経験」や「譲れないもの」がきっとあって、それが経験を通して軸になっていくのだと思います。自分が見たい世界を描き、他人からは理解され難くても、自身が幸せを感じる瞬間を積み重ねていくことが、大切なことなのかもしれないと思います。

そして私の仕事はというと、「誰かの伝えたいをカタチにしていくこと」かもしれませんし、これまでの固定概念に捉われず、この地球をたのしみ尽くすことかもしれないと、最近感じています。

■ 相談日当日の流れ

最初の20分:今のモヤモヤをヒアリング
中盤の20分:私の仕事と理想のライフスタイルの実現
ラスト20分:対話によって課題の解決策を探す

■ 相談前にココが聞きたい!(無料)

小川香澄さんに事前質問
会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。
5,500 / 60分

相談受入曜日・時間

火曜日 09時00分〜20時00分
水曜日 09時00分〜20時00分

特記事項

※基本的に下記の時間帯が希望ですが、時間外に関してはご相談ください。
※事前にプロフィールや質問事項等をいただけると、より実のある時間にできると思います。
※アドバイスではなく、対話を通して問題解決を目指します。

■ 一緒に申し込まれているホスト


PAGE TOP