編集者・ライター
河尻亨一

企画・インタビュー・執筆・翻訳・講義etc 最初から最後まで、一人でだいたいやる"ロンリー・キャット"な編集者。マーケティング・クリエイティブ領域に強い。

主な経歴

1974年生まれ、大阪市出身。雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約1000人に及ぶ国内外のクリエイターにインタビュー。現在は雑誌・書籍・ウェブサイトの執筆編集から、企業の戦略立案、イベントの企画・司会など。翻訳書に『クリエイティブ・スーパーパワーズ』(左右社)。2020年、伝説のデザイナー石岡瑛子の伝記『TIMELESS』を刊行。仕事旅行社キュレーター、東北芸術工科大学客員教授。

安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談内容

フリーランスの「編集者・ライターになりたい」なんて思わないほうがいい--というのは本音ですが、それでも本気で「やってみたい」と考えている方もいるかもしれません。

そういう方に対して、この10年くらい、私自身が実践してきた仕事の"つくり方"や"はたらき方"をもとに、リアルなアドバイスをすることならできそうです。

相談内容は「編集者・ライターの仕事のつくり方」がメインですが、それ以外の職種でも構いません。広告や宣伝、マーケティング、デザイン関係の仕事の相談でも。

ダラダラ相談になってしまうのは避けたいと思います。申し込む方の課題を明確にしたいので、事前に「記事」を執筆してもらいます。

テーマは「400字で自分を"宣伝"する」。自己紹介文のようなものとお考えください。相談したいことの具体的内容は、お申し込みの際のフォーマットにご記載を。

それらを分析した上でお話をうかがい、課題の解決策を一緒に考えます。その後、あなたの"カルテ"をつくり、あなたという人を"編集(=整理)"しながらアドバイスするのが、当相談室の特長。おまけとして文章添削もします。

所用時間は90分としていますが、長くなるケースもあります。

相談日当日の流れ

最初の30分:ごあいさつ(相談内容の確認とお互いに自己紹介)
中盤の30分:ミニ講義:私の仕事のつくり方
ラスト30分:対話によって課題の解決策を探す

※まとめの"カルテ"をお送りするのは相談後(1週間以内が目安)となります。

特記事項

※お申し込みいただいたのち、一度メールでやり取りさせてください。ご連絡します。
※記事執筆のフォーマットは自由です(wordなど)。相談日前日の21時までに指定のアドレスまでメール提出してください。
※相談は1週間に1回お一人さま限定。
※時間は毎週、水曜19時半~21時までの90分です(延長になる場合があります)。
※どうしても面会相談をご希望の場合は、ご連絡の際にその旨お知らせください(首都圏在住の方のみ)。
10,000円(税込) / 90分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
水曜日 19時30分〜21時00分 90分間
安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談前にココが聞きたい!
- 河尻亨一さんに事前質問 -

会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。

あなたにおすすめのホスト

退職後も声をかけられる続ける「最高の会社の辞め方」を話しましょう

退職学の研究家

佐野創太

退職キャリア転職複業副業フリーランス独立趣味家族育児

「退職は大チャンスにも大ピンチにもなる」ことを身をもって知り、「セルフ終身雇用」を目指す退職の学問化を目指しています。 退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「最高の会社の辞め方」で、前職を副業(複業先)にしたり、つながりを独立後に使って自分らしく自由に働いているひとがいます。しかも育児や家族との時間、趣味を両立させながら。 そんな退職からはじまる「仕事・生活・趣味の何一つあきらめない働き方」を、「セルフ終身雇用」をキーワードに一緒につくりましょう。
(1)
6,000円(税込) / 60分

【捉える視点をずらす】自分の働くうえで大切にしたい“軸”について話しましょう

グラフィックレコーダー・ビジュアルファシリテーター

関美穂子

フリーランス個人事業主地域キャリア相談地方創生

リアルタイムで話を可視化するフリーランス。 個人に対して対話とリアルタイムの視覚化を組み合わせた一対一の思考の整理サービス「可視カフェ」や、イベントや会議で議論や対話の場でのファシリテーショングラフィックを実践中。
(1)
7,000円(税込) / 60分

人と食の接点に命あり。その接点の話を話しましょう

食業プロデューサー/慶應SFC三田会会長

松田龍太郎

求人フードシェフ地方創生不動産プロデューサー新規事業レストランお酒

FoodniaJapan株式会社 代表//弘前BRICK株式会社 代表//慶應SFC三田会代表 「人と食の接点を、より良くする」をコンセプトに食に関する店舗立ち上げ、企画づくり、メディア設計、学校運営を営んでおります。また母校慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの卒業生の会、慶應SFC三田会の代表を務めております。
10,000円(税込) / 60分

PAGE TOP