会社に食われず、会社を食う人生について話しましょう

音楽ジャーナリスト@いけたく本舗®︎

池田卓夫

ホストの紹介

クラシック主体のフリーランス音楽ジャーナリストです。新聞社勤務中から外部の仕事を手がけ、ダブルキャリアのはしりだったと思います。

主な経歴

1958年東京生まれ。1981年(株)日本経済新聞社に記者として入社。
産業部(現・企業報道部)、証券部、広島支局などで経済記者を務め、1988−1992年にはフランクフルト支局長としてドイツ統一、冷戦終結を現地から報道した。
1993年に文化部へ異動、音楽担当編集委員を1995ー2011年に務めた。あまりに独立独歩で物議を醸し、編集委員職を2度解かれた。
最後の7年はデジタル編集本部の記者として「日経電子版」に執筆した。
音楽についての執筆は高校生で始め、サラリーマン時代も音楽雑誌への寄稿を続けた。2018年9月末の還暦定年退職翌日に個人事業主登録、1年後に商標登録も受理された。
ホームページ:https://www.iketakuhonpo.com

自分だけのミッションばっくれ社員を貫く生涯プロでいく規格外で何が悪いジェンダーを超えて

+ 有料オプション

10分延長 +500

相談受入曜日・時間

月曜日 09時00分〜12時00分
日曜日 09時00分〜12時00分

特記事項

画像はドイツ人指揮者のセバスティアン・ヴァイグレ氏。ベルリン国立歌劇場のホルン奏者から指揮者に転じ、最初の日本ツアーだった1997年に主催者側記者としてプロモーションに携わって以来の友人です。2019年からは読売日本交響楽団の常任指揮者を務め、以前よりも頻繁に会うようになりました。

■ 相談内容

会社員を続けながら生涯のテーマにも取り組みたい、忖度や上昇志向と関係なく自身のサラリーマン生活の快適を確保したいなどなど、組織の一員ながらご自身のライフワークを極めたい方のご相談には、きちんと向き合える気がします。もう一つ、私自身は既婚者ですが、セクシュアリティについて色々と思うところがあり、勝間和代さんたちとともに、LGBTQに対する啓発セミナーを行い、コロナ禍前は代々木公園のレインボウ・プライドにも参加していました。あらゆる手段を講じてもダブルキャリアを貫きたい、ジェンダーを超えた活躍の可能性を極めたいといった皆さんとはたくさん、お話できると思います。

■ 相談日当日の流れ

[前段] ご自身の立ち位置、抱えておられる問題を簡潔にご説明ください(プレゼンテーション)
[中盤] お話に対して私が思ったこと、改善への私なりの意見を述べさせていただきます。
[最後] 私の提案に対するご相談者様のご意見をうかがい、一致点を探り、例え数ミリでも先に進める糸口の発見に全力を挙げます。

■ 相談前にココが聞きたい!(無料)

池田卓夫さんに事前質問
会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。
6,000 / 60分

+ 有料オプション

10分延長 +500

相談受入曜日・時間

月曜日 09時00分〜12時00分
日曜日 09時00分〜12時00分

特記事項

画像はドイツ人指揮者のセバスティアン・ヴァイグレ氏。ベルリン国立歌劇場のホルン奏者から指揮者に転じ、最初の日本ツアーだった1997年に主催者側記者としてプロモーションに携わって以来の友人です。2019年からは読売日本交響楽団の常任指揮者を務め、以前よりも頻繁に会うようになりました。

■ 一緒に申し込まれているホスト


PAGE TOP