肩書きのない人
大見謝将五

暮らし、を軸に。水木しげるを追っかけ、鳥取へ。“境界”を行き来しながら「書く」「つくる」「まぜる」など。行政サポートから自主事業まで、を、会議室から現場まで。古民家で1人と猫5匹暮らし。妖怪検定中級。

主な経歴

昭和/平成の狭間、1988年、長崎/平戸島生まれ、沖縄/伊平屋島育ち。2007年、大学を機に上京。バーテンダー、ITベンチャー営業職を経て、2013年よりフリーランス(屋号は「ケケケ」)。

2014~2017
ライターとして、「移住」「小商い」「地域史」などを領域とし、取材で各地を周る。企画・執筆は『マチノコト』『仕事旅行社』『ココロココ』『京都移住計画』『TOWN SQURE(Square)』など。その他、バーテンダーとして出張カクテルや、コミュニティマネジャーとして拠点開発・運営などで場づくりに携わる。

2018 鳥取へ拠点を移す / ①空きない②飽きない③商い「アキナイイエ」project開始
2019 地域自主組織なわのわ設立(元副代表)
2020 株式会社Next Commons Lab 参画(ローカルパートナー)
   合同会社TENG 設立(拠点開発、クリエーターのマネジメント、移動促進、地域文化の研究等)
2021 新電力「TENG DENKI(powerd by SOCIAL ENERGY)」リリース
2022~ 水木しげるゆかりの地・鳥取/境港や東京/調布の拠点づくり(予定)

安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

予約する(日程相談)

※ 予約から相談までの流れ

相談内容

三年間、ただ暮らしてただけなんですけど、仕事ができちゃいました。

その一方で、ぼくには特に肩書きがあるわけでもなく、それでも”地域しごと(小商い)”というのはつくれるようです。

「肩書きがない人」という肩書きを書かせてもらいましたが、実際には「固定された肩書きがない」でして、関わるプロジェクトによってその役割は移ろっていくため、そもそも肩書きなどあってないようなもの......が真意でございます。

基本的に、名刺交換だってしません。時折、せざる得ない場面があっても、屋号と電話番号とアドレスがあるだけの名刺をお渡しするのみ。

強いて肩書きを言わなくちゃいけないのであれば、"テンダー(世話役)"なのですが、少々こそばゆくてしょうがないので、やはり「肩書がきない人」なんです。

ぼく(おそらく、ローカルで活動する、多くの人たち)が気にしてるのは、”職業”という肩書きではなく、”職能”という「自分が何ができるか/提供できるのか」ということ。あるいは、その地域/場所に”居る”ことで、観察し、傾聴し、発見した困りごとに対するソリューションを考えるという姿勢なんだと思います。

振り返ってみれば、何気ない雑談から相談が生まれ、相談から仕事が生まれるという、小さなコミュニケーションありきの、”なりゆき”なケースが多いんですよね。少しだけ気持ちは、樹木希林さん。

さて、話は戻りまして、自分でいうのもなんですが、ぼくは肩書きはなく、何者なのかもよくわからない、チャランポランな人間です。ただただ、自分がどういう暮らしがしたいか、逆に自分がしたくないことは何なのか、を自問自答しながら、日々をのらりくらりやっています。

その中で(未経験のことでも)自分ができることを探り、職能を磨き、活かせるようにと切磋琢磨している真っ最中なんですよね。恥ずかしながら、超未完成。

現在は、「学び」や「ものづくり」を軸に、行政サポートから新規事業づくりまで、守備範囲はわりと広く、いろんなプロジェクトに関わらせてもらってます。新電力、廃校リノベーション、無人駅、ファブ、本と出版、カフェ、遊学拠点、コミュニティナースなどキーワードも沢山あって、多領域・多職能といえるかもしれません。

本題になりますが、以上も含めて、ぼくが相談に乗れそうな話はこんな感じでしょうか。

・地方移住するときどんなことを気にするといいか
・暮らしに合わせて働き方を整える/仕事をつくること
・どうやって地域での小商いをつくるか
・ライティングがどうやって仕事になったのか
・場づくりって具体的に何やってるのか
・多拠点活動についてのあれこれ
etc.

過去にまとめた/しゃべったことが、もしかしたら引っ掛かることあるかもしれません。パーソナリティも含め、覗いてみてもらえるとうれしいです。よろしくお願いいたしますー!

[blog]
https://note.com/omija/
[podcast]
https://anchor.fm/qeqeqe/

相談日当日の流れ

60min
[step 1]イントロダクション(まずはお互いの自己紹介からはじめさせてください)
[step 2]ヒアリング(相談内容を聞かせてください)
[step 3]作戦会議(ネクストアクションを一緒に考えていきましょう)
⁺15min
[ボーナス]雑談しましょう(意外と余談が大事かも?)
5,000円(税込) / 75分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
月曜日 14時00分〜18時00分 75分間
火曜日 20時00分〜23時00分 75分間
金曜日 20時00分〜23時00分 75分間
土曜日 09時00分〜12時00分 75分間
日曜日 09時00分〜12時00分 75分間
安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談前にココが聞きたい!(無料)
- 大見謝将五さんに事前質問 -

会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。

あなたにおすすめのホスト

『働く』とは?『生きる』とは?など普段モヤっとしていることについて話しましょう

コンサル系フリーランス

小田東

仕事働き方生き方モヤっと自分副業フリーランス決めるのは自分

小田 東(おだ あきら)です。1974年岡山市生まれ。大学卒業後、日本で10年、中国で10年勤務し、計20年の会社員生活を経て、独立起業しました。現在はフリーランスとして、主に中小企業の経営や個人事業のコンサルティングをしています。
4,000円(税込) / 60分

自分らしい暮らし=Well-beingな生き方について話しましょう

保育士起業家 / Well-being 探求者

小笠原舞

生き方働き方ワークライフバランスwell-being自分らしさ子育て家族夫婦移住教育

こどもたちが教えてくれたことを広げることで、Well-beingな社会が実現できると思い、活動中。普段は神戸市長田区の下町情緒あふれる多文化共生社会の中で、こどもと犬と夫と日々の暮らしを楽しんでいる。
10,000円(税込) / 60分

思い描く自分の理想の毎日に近づく為にどうしたらいいか話しましょう

羊毛フェルトクラフト協会の運営、Webデザイン、イラストレーター、造形作家、2人の男の子のママ

渡邉加奈子

こんにちは。はじめまして。 和歌山県出身の43歳です。5歳と2歳の男の子のママです。 2011年日本羊毛フェルトクラフト協会をつくりました。 現在は自由が丘教室のみを残し、4月より愛媛県に移住してきました。こちらでは、Webデザイン&イラストの仕事をHitsuji worksとして受注しながら、今後羊毛フェルトの造形作家として利益を出すべく奮闘中です。 自分の理想の毎日を手に入れるために「今」何をすればいいか一緒に考えましょう!楽しくお話出来るのを楽しみにしています。
5,000円(税込) / 60分

PAGE TOP