離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」 受入コーディネーター
恒光一将

1987年大阪生まれ。離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」の受入コーディネーターとして、島根県の離島に移住。

主な経歴

1987年大阪府生まれ。早稲田大学・国際教養学部を卒業し、物流企業の営業職として東京で就職する。4年半の社会人生活を経て、ご縁があって島根県・隠岐諸島のひとつ海士町(中ノ島)に移住。離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」の受入コーディネーターとして、入塾生たちの暮らしのケアや、生産現場での課外授業の企画などをしています。
【島食の寺子屋HP】
https://washoku-terakoya.com/

安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

予約する(日程相談)

※ 予約から相談までの流れ

相談内容

小さい頃から「食」に興味があって、生産・加工・販売と幅広く関わりを模索してみたものの、どの過程に関わるか決め切れずにいたところで、離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」のプロジェクトが発足するということを知りました。
島食の寺子屋は、和食の料理人を1年間で育てる料理塾。海・山・里に囲まれた島で、自ら食材の現場に赴き、その日にとれる旬の食材を使って料理を学んでいきます。生産現場からの提供の現場に関わっていける、島食の寺子屋での仕事を通じて、「食」というものを包括的に捉えられる機会に恵まれています。
また、初心者から料理を学び始め、今では第一線で料理人として働き始めている卒業生たちもいます。

【こんな方にお勧め】
〇食の道を選びたいけど、どのようなステップを踏めばいいか迷っている方
〇日本料理や和食に興味がある方
〇島での暮らしに興味がある方

相談日当日の流れ

最初の15分:お互いの自己紹介
中盤の30分:島食の寺子屋の授業内容・島の暮らしについて説明
ラスト15分:現状把握、これからどうしていきたいか

特記事項

※基本オンラインでの対話となります。
※ご希望の日時で調整できない場合は、別途日時調整をお願いすることがあります。
2,500 / 60分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
月曜日 09時30分〜16時00分 60分間
火曜日 09時30分〜16時00分 60分間
水曜日 09時30分〜16時00分 60分間
木曜日 09時30分〜16時00分 60分間
金曜日 09時30分〜16時00分 60分間
土曜日 09時30分〜16時00分 60分間
日曜日 09時30分〜16時00分 60分間
安心してご利用いただくために「満足度補償制度(全額返金)」を実施しております。

※ 満足度補償制度について

※ 予約から相談までの流れ

相談前にココが聞きたい!(無料)
- 恒光一将さんに事前質問 -

会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。

あなたにおすすめのホスト

「大人のギャップイヤー」30~40代からの人生とキャリアの"再編集"について話しましょう

キャリアの「破壊と創造」のしくじり先生

寺崎倫代

大人の学びなおし複業アンラーニング北欧留学フォルケホイスコーレ破壊と創造キャリアの棚卸パラレルワーク体験談ギャップイヤー

「失敗のない人生こそが、失敗なんです」30代後半から、この言葉を体現するような生き方をしてきました。(結果的に、ですが(笑))主に外資系放送局など広告業界で15年ほどキャリアを積み、30代後半にして自分軸を見つけるために退職し1年間「大人のギャップイヤー」として好きなことだけやったらどうなるか、を社会実験。その後、転職の失敗や転職活動の苦労などを経て、現在はフルリモートの共創ファシリテーターとして、3拠点居住をしながらパラレルワークを実践中。
(1)
3,000 / 90分

わいがやキャリアについて一緒に議論したい方、話しましょう

日系大手→スタートアップ立上げ→IT大手のひと

中島利恭

平成元年、北海道生まれの道産子です。 運営の方にお誘い頂きまして、私の経験も多少は役に立つことがあるかもと思い登録いたしました。 以下、ご相談乗れることもあるかと存じます。 ・セールスキャリア ・大企業→スタートアップへの転職 ・地方への若手移住について 無形商材の営業・事業開発の領域で9年程度取り組んでおりまして、自分のやりたいことや求める経験に合わせて、日経大手→スタートアップ立上→IT大手と働く場所を変えてきた人物となります。 地方移住に関しては、スタートアップ時代に地方創生関連のサービスを立ち上げて、営業しておりまして20都道府県程度回ったので色々地方に入っていく難しさなどお話しできるかもしれません。 よろしくお願いいたします。
5,000 / 60分

社会人からの大学院生活(国内、海外含む)話しましょう

現役社会人学生

吉田奨

国際機関留学海外生活社会人学生生き方インターナショナル英語教育ボサノバ

2020年2月より15年ぶりに日本で生活(逆留学?)中。田舎で育った九州男児が高校を卒業後アメリカ、ヨーロッパ、南米で生活してきました。次はどこに行こうかな。専門は開発経済学。3児のパパ。
6,000 / 60分

PAGE TOP