フリーランスや自営業の護心術について話しましょう

日本心理学会正会員・認定心理士

山本尚樹

(1)

ホストの紹介

就職氷河期の2000年に大学を卒業し、何も知らずブラック下請けIT企業に就職、その後外資系企業に転職したがITバブル崩壊の余波を受け、会社の日本撤退につき若くしてリストラ、しょうがなくフリーランスとして勤務後、留学と騙されてインド現地の会社に就職。米国のリーマンショックによる大不況の影響でインド企業より追い出され、右も左もわからないインドに身のまま放置される。世界は末端労働者の幸福や倫理観より力あるものが力無きものを奪いつくす側面を大きく持つことを骨身に染みて感じ、法律と格闘技を習得し起業。弱き者が弱き者のままで終わらないためのアドバイスを心理学の知見から実施したい。

主な経歴

新卒よりプログラマーとして、下請けIT作業員として勤務。
主として大手金融機関のプロジェクトに携わる。
その後、友人に誘われフリーランスとして働き始めるが、オフショア開発の流行りに乗るために、インドへ留学を試みる。
国内インド企業の人事の口車に乗せられインドへ行くが、現地で勤務中にリーマンショックがあり会社から追い出される。
帰国後にIT業界に復帰するものの、職業病であるドライアイがひどくなり、客先常駐での勤務に耐えなくなってしまったため、建築業に転業。福島原発へ行くことを試みるが元請け企業の選別に漏れて失敗。結局東京にて建築業の修行を積んだ後、電気工事業を始める。
また、その間、報酬の未払いや、暴行、各種契約違反による損害賠償などの裁判を本人裁判にて実施。簡易裁判~地裁の裁判手続きや契約上トラブルにならないために抑えて置くポイントなど、法律家的視点ではなく、実際の現場の実情を知った対応方法を経験より学ぶ。

心理学は大学で学び、その後も各種研修や自己啓発により学び続けているが、今回は心理学の知見も生かし、クライエントの各種悩みの相談を受け付けたい。

2000年~ IT企業にてプログラマーとして勤務
2008年~ インドにて就業
2009年~ フリーランスとして仕事を始める
     (主として大手金融機関勤務)
2019年~ 東京都に電気工事業者登録し自営業となる

<心理学系資格など>
日本心理学会学会員、認定心理士、
厚生労働省・平成26年認知行動療法研修修了
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター・認知行動療法基礎研修修了
<他>
宅地建物取引士、電気工事士、情報処理技術者、工事担任者総合種
オラクルマスターGOLD 等
保有

+ 有料オプション

労働関係訴訟等の申請文章(和解成立分) +40,000
請負代金・損害賠償訴訟の申請文章(勝訴分) +60,000
あっせん・調停の申請文章(和解成立分) +30,000
落雷時火災保険申請時提出レポート(補償認定分) +80,000
インド企業リストラ映像 +100,000

相談受入曜日・時間

月曜日 10時00分〜23時00分
火曜日 10時00分〜23時00分
水曜日 10時00分〜23時00分
木曜日 10時00分〜23時00分
金曜日 10時00分〜23時00分
日曜日 17時00分〜23時00分

特記事項

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会会員
東京商工会議所会員
日本心理学会正会員
不登校児童への学校教員経験あり
※法律関係の事項については、私は弁護士や行政書士ではないので、いわゆる非弁活動や申請代行はできません。自己にてこれまで実施した法律行為の経験談やそこから学んだ一般原則についてのお話をし、将来的なトラブルの予防やトラブル時の一時対応方法をお伝えすることを目的としていることにご注意ください。

■ 相談内容

IT業界の実情と身の守り方。
フリーランスにおける身構えと必要な実務。
フリーランスにおいてメンタルを守る方法。
労災保険の申請とそのリスクの実情について。
フリーランスで発生する可能性のある危険性ならびに、リスク移転方法。
代金支払いトラブル時の対応方法と戦い方。
損害賠償請求時の対応方法と戦い方。
自らの限界を知ることの重要性と支援機関の利用方法。
警察への相談とその限界について。
弁護士に頼まず、自己にて刑事告発を受理される方法について。
労働局・労働基準監督署の利用方法について。

■ 相談日当日の流れ

特に決めておりませんが、
最初にクライエントのご要望をお聞きし、それに答えていく形を基本としたいと考えております。
また、お話が苦手な方もいらっしゃるでしょうから、その場合には私の方から問う形式でもって会話を勧めさせて頂ければ幸いです。

■ レビュー


匿名ユーザー
(男性・39歳)

 独立起業の相談を受けました。

大変誠実な方でした。ずっと自分の中で独立できるかどうか不安で行動できずにいましたが、的確なアドバイス(起業の仕方、起業した後に必要な事、リスク等)を頂き一歩踏み出す勇気が出ました。
また立ち止まった時はこちらに来たいと思います。

2021年10月29日 16時50分

■ 相談前にココが聞きたい!(無料)

山本尚樹さんに事前質問
会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。
3,000 / 30分

+ 有料オプション

労働関係訴訟等の申請文章(和解成立分) +40,000
請負代金・損害賠償訴訟の申請文章(勝訴分) +60,000
あっせん・調停の申請文章(和解成立分) +30,000
落雷時火災保険申請時提出レポート(補償認定分) +80,000
インド企業リストラ映像 +100,000

相談受入曜日・時間

月曜日 10時00分〜23時00分
火曜日 10時00分〜23時00分
水曜日 10時00分〜23時00分
木曜日 10時00分〜23時00分
金曜日 10時00分〜23時00分
日曜日 17時00分〜23時00分

特記事項

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会会員
東京商工会議所会員
日本心理学会正会員
不登校児童への学校教員経験あり
※法律関係の事項については、私は弁護士や行政書士ではないので、いわゆる非弁活動や申請代行はできません。自己にてこれまで実施した法律行為の経験談やそこから学んだ一般原則についてのお話をし、将来的なトラブルの予防やトラブル時の一時対応方法をお伝えすることを目的としていることにご注意ください。

■ 一緒に申し込まれているホスト


PAGE TOP