福祉施設職員/パラレルワーカー
重野友希

大手企業を退職後、数社を経て就労支援施設に勤務。個人活動として、障がい者施設と地域の人を繋げる活動、市民活動団体の活動、印刷物やアクセサリー制作など。福祉分野に軸足を置いたパラレルワークを実践中。

主な経歴

1986年三重県生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。大学卒業後、都内の大手IT企業に4年弱勤めたのち、退職。シェアハウスに引っ越して、セブ島へ短期留学、染み込んだ会社員生活がリセットされる。帰国後、障害者施設向け研修事業の運営、シェア工房の立ち上げと運営に携わる。
2016年よりアクセサリーの製作と販売、地域の人と障がい者施設を繋ぐ活動を始める。2017年より就労支援施設に勤務。

大手企業、ベンチャー企業、NPO法人、派遣、社会福祉法人での勤務経験があります。

相談内容

読んでくださりありがとうございます◎

今でこそ、住みたい地域に住み、関心のある分野で働き、個人で小商いもできるようになりましたが、そこに至るまでは迷いと紆余曲折の連続でした。

大手企業に勤めて4年目、何ヶ月もかけて悩みに悩んだ末、退職を決意。
スキルも特技も何もないところから、「自分らしく働く」を探求する旅が、始まりました。

その時その時の、やってみたいことと、できることを積み重ねていき、徐々に形になっていきました。
…と言うと聞こえはいいのですが、けっこう不器用なので、常に悩みながら体当たりで進んできました。

もちろん、うまくいかないことも、たくさんありました。それでも進んでこれたのは、ただ「自分らしく働きたい」気持ちを持ち続けていたから、だと思います。
もし、うまくいかなかったら、別の方法を試せばいいだけ。
全部、経験になるから大丈夫!

転職を迷っている方、自分の仕事を小さく始めてみたいけれどどうすればいいか分からない方、お話することで、一歩(半歩でも)踏み出すきっかけができるかもしれません。

悩んで迷って、ぐるぐるしているその気持ち、よかったら、聞かせてください(^^)

相談員という機会をいただけたこと、遠回りしたせいの余分な(?)経験が、ほんの少しでもお役に立てるのかな、と思っています。
視野が広がったり、一歩(半歩でも♪)進めるお手伝いをさせていただければ、なによりも嬉しいです◎

相談日当日の流れ

・お互いの自己紹介
・聞きたいことを教えてください
・経験談を交えながらお話しましょう
・気づいたことを教えてください
次のアクションを一緒に考えましょう◎

特記事項

お時間がありましたら、事前にご相談内容や、気になっていることを、教えてください。
5,000円(税込) / 60分

相談受入曜日・時間

曜日 受入可能時間 単位
土曜日 09時30分〜18時30分 60分間
日曜日 09時30分〜17時30分 60分間

※ リクエストから相談までの流れ


PAGE TOP